歯を白くする歯磨き粉|お役立ち情報まとめ

歯を白くするにはどうしたら良いか?!

歯を白くする,歯磨き粉,ホワイトニング

鏡を見てニコッと笑ってみると、歯が黄ばんできてる・・とか、歯の汚れに気がつくとドキッとしますよね。

 

歯磨きは当然毎日してるんだけど、毎日の食事やコーヒー、たばこの影響で歯が汚れてきたりするのは、使っている「歯磨き粉」にちゃんと汚れを落とす成分が入ってなかったりするからのようです。

 

先日歯医者さんに行って自分の歯の裏側を見ることがあったんですが、あまりにも汚れていたことにビックリして色々と調べてみました。

 

この汚れや黄ばみの正体は、食べ物に含まれる「ステイン」が歯の表面のタンパク質と結びついて蓄積するからだとのこと。
ステインとは「着色物質」のことです。

 

このステインを除去してあげれば、歯は元どおり綺麗に白くなるということです!

 

でも、それだったら歯磨きをしっかりすれば良いんだ!という簡単なこと簡単なことだけではありませんでした・・


歯を白くする歯磨き粉を使わなくては意味がない!

歯を白くするというと歯医者さんで治療を受けたほうが良いと言われますが、

  • 審美歯科などには通いたくない!
  • 歯のマニキュアなどで隠したいわけではない!
  • 歳をとっても健康な歯でいたい!

ということが前提で、調べてますので手軽に歯を白くしたい人には向きません。スイマセン・・

 

そんなわけで「歯磨き粉」です。

 

普段の歯磨き粉はスーパーで特売になってるような「安い歯磨き粉」を使っていますが、あの価格帯の歯磨き粉を使っても歯は白くならないし、逆に磨きすぎによって歯が傷ついて余計に汚れがつきやすくなったりするようです。

 

清掃材として「無水ケイ酸」が入ってるだけだったりするので、当たり前なのかもしれません。
歯を白くするために「研磨剤」が入っているものも歯磨き粉としての使用には要注意!

 

歯のエナメル質が削れていって、使い続けると歯の「エナメル質」に傷がついて逆に黄ばみや汚れが増す原因になったりするようです。
つまりは、この傷ついた「エナメル質」を傷つけずに、逆に修復してあげるような歯磨き粉を使えば良いわけです。

 

「白い歯」=「汚れ」がなく「エナメル質」がキレイな歯

 

ということです!

 

では、このエナメル質をキレイにするためにはどうしたら良いか?

 

その答えが、調べてみると「ハイドロキシアパタイト」という成分にありました!

「ハイドロキシアパタイト」が入ったホワイトニング歯磨き粉!

調べてみると、歯の「エナメル質」の97%はこの「ハイドロキシアパタイト」という成分でできているようです。
ただ「ハイドロキシアパタイト」は研磨剤としても使われています。

 

重要なのは「薬用」であることと、「ナノレベル」の粒子になってないと効果がないことです。

 

ナノレベル粒子の「ハイドロキシアパタイト」を使うと、歯の汚れを取りさらに修復、再石灰化をしてくれる働きがあるとのこと。

 

こんなナノレベル粒子のハイドロキシアパタイトを使った、歯を白くする歯磨き粉が「アパガード」でした。

 

 

この「アパガード」には、このハイドロキシアパタイトの含有量によって種類があります。

 

一番手頃なのが「アパガードプレミオ」ですが、さらに強力なのが「アパガードロイヤル」です。
これは1本3000円もします。しかも通販限定商品でお店では買えません。。

 

他にも調べてみたところ、このハイドロキシアパタイト成分をメインで使っている歯磨き粉がありました。

 

それがこの「オーラパール」です。


⇒ 日本初!ホワイトニングと歯周病予防が同時にできる歯磨き粉

 

これは公式通販のみで扱ってる製品なんですが、ホワイトニングだけでなく、歯周病予防、口臭予防効果、虫歯予防など、これ1本でトータルケアができることが特徴です。

 

製薬会社が8年かけて開発したという薬用ホワイトニング歯磨き剤。

 

配合成分の含有量によって価格が高くなりますが、この「オーラパール」はお手頃ですね!

 

歯医者さんに行かずに、自宅でホワイトニングできる歯磨き粉としては理想的かもしれません。

関連ページ

老け顔改善には顔のたるみを解消する
鏡を見て最近老けてきた・・と思い始めたら、老け顔と言われる前に改善しておきましょう!老け顔の特徴は顔のたるみから。シワも気になるならすべてを解決できる化粧品を使うのが早道です。