ふるさと納税|お役立ち情報まとめ

ふるさと納税は「やらなきゃ損する」仕組みだった

ふるさと納税,仕組み,メリット,返礼品

「ふるさと納税」って言葉はよく聞くけど、一体どういう制度でどんな仕組みなのかよく分からないんですよね。
申し込む方法も手続きもぼんやりしてて、分かりにくい・・。

 

そこで、果たして本当に得になるのか、どんなメリットがあるのかを調べてみました。

 

調べて分かったことはとにかく、

 

「ふるさと納税」はやらなきゃ損!ということです(`・ω・´)

 

やっといたほうが良いよ〜、じゃなくて「やらなきゃ損!」なんです。

 

なんでやらなきゃ損するのか、順を追ってお伝えしますので、得をしたい人はぜひ見てください!

 

そもそも「ふるさと納税」ってどんな制度?

総務省によるふるさと納税の理念は、

 

「ふるさと納税で日本を元気に!」

 

なんていう分かるような分からないようなもの。

 

なんでふるさと納税をすると日本が元気になるのかというと、
簡単に言えば「都会に住む人が地方に納税できる」仕組みだから。

 

ここでポイントは「納税」とはいうけれど、実際は「寄付」であるということなんです!

 

「寄付」であれば、その寄付金は税金の控除対象になるわけです。
ただ、全額が控除対象ではなくて「2000円」だけ自己負担となる制度となっています。

 

つまり、

  • 地方自治体に寄付(納税)することで、その寄付金分の税金が控除される!
  • そのうえ、実質2000円の負担で地方自治体が用意する豪華返礼品が貰えてしまう!

という、税金を納める先を変えるだけでその納めた税金が返ってくるだけでなく、返礼品まで付いてくるということ。

 

↓図にして説明すると、こんな感じです。
ふるさと納税税金軽減イメージ
※ 黒い実線が払う税金

 

先に「寄付金」としてお金を出すものの、後から取られる所得税や住民税の「税金」からその分を戻してくれるわけですね。

 

「ふるさと納税」しない場合 = 何も変化なし。
「ふるさと納税」する場合 = 翌年その分が控除されて税金が減る。

 

自分が使うお金は「2000円」だけ!あとは戻ってくる!ということです。

 

自分のフトコロから出るお金は少なく、しかも自分が選んだ地方に寄付することで応援できる!のが「ふるさと納税」

 

納税先は、生まれ故郷でも良いし、好きな観光地がある場所でも良いんです。


ふるさと納税を利用する時に気を付けること。

それだったら、税金で取られる金額すべてを「ふるさと納税」してしまえば、税金を払わなくても済むんじゃない?!
という気もしてきますが、
そんな「やらなきゃ損する」ふるさと納税にもちゃんと落としどころがあります。

 

それは「年収ごとに控除額の上限がある」ということ。
ただし、この金額も平成27年度税制改正で上限が2倍になってさらにお得になりました!

 

下の表で「ふるさと納税」寄付金額の目安が分かります。
(※夫婦のみで給与収入で配偶者控除がある場合)

額面の給料収入 寄付金額の目安 税の軽減額
200万円 6,000円 4,000円
300万円 19,000円 17,000円
400万円 33,000円 31,000円
500万円 49,000円 47,000円
600万円 68,000円 66,000円
700万円 86,000円 84,000円
800万円 120,000円 118,000円
900万円 142,000円 140,000円
1000万円 166,000円 164,000円
1500万円 364,000円 362,000円
2000万円 531,000円 529,000円
3000万円 1,009,000円 1,007,000円

◎独身者や共働きで配偶者控除がない場合、子どもの有無でも違います。
 詳しくは総務省のページを確認してみてください。→総務省のページへ
 「ふるさと納税」の寄付金額をシミュレーションもできます。

 

上の表の「寄付金額の目安」が「ふるさと納税」してメリットのある上限になります。
この金額以上に寄付をしても当然OKですが、自分のメリットは増えないので気を付けたいところです。

 

ふるさと納税するタイミングと税金控除される時期

ふるさと納税をするタイミングは当年内12月31日までにすれば、翌年の税金が控除対象になります。

 

とはいえ、年末ギリギリになって駆け込み納税をしようすると、たとえクレジット決済であっても、自治体によっては早めに締め切っている場合もあるので、できるだけ12月上旬までなど早いうちに済ませるほうが良さそうですね。

サラリーマンの方には朗報!確定申告が不要に。

自営業の方なら毎年確定申告をしているので、手間もかからない税金控除の申告。

 

でも、会社勤めのサラリーマンやOLさんなど給与所得者には「ふるさと納税」をしても確定申告をしないとならなかったので、これがネックになっていたようです。

 

ところがこれも、平成27年4月から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されて、手続きが簡単になりました!

 

「ふるさと納税」をする地方自治体の団体が5つまでなら、この特例制度の「ワンストップ特例申請書」を納税先の自治体にそれぞれに提出すれば、確定申告が不要になったとのこと。

 

この場合は所得税からの控除ではなく、翌年6月以降の住民税から減額控除されることになります。

 

まとめると・・

「ふるさと納税」は寄付金扱いだから税金控除がある!
「ワンストップ特例制度」を使えば面倒な手続きが必要ない!

 

つまり・・同じお金を払うのであれば「返礼品」もある「ふるさと納税」を利用しない手はない!

ということ。

 

税金控除枠も今の半分で、確定申告が必要だったことを考えると制度も整ってきた!ということですね♪
政府もよくやった!もっとやってくださいw

 

さて、ここで気になるのは豪華特典の「返礼品」です。

どこで「ふるさと納税」すれば「返礼品」がもらえるの?

ここまで読んでくれた方なら、納めすぎてる税金を取り戻すには「ふるさと納税」をしなきゃ損だ!ということが分かってもらえたと思います。

 

次は、どこで「ふるさと納税」をすれば良いの?どうやってすれば良いの?という疑問も出てきますよね。

 

そして気になるお目当ての「返礼品」はどんな商品があるの?ということ。

 

ここで簡単に「ふるさと納税」ができる地方自治体と、人気の「返礼品」をまとめたポータルサイトがあるので紹介します。
参考にしてみてください。

 

「ふるさと納税」ができる人気サイトランキング

 

ふるさと納税,仕組み,メリット,返礼品

【ふるなび】の特徴と魅力

返礼品で人気のある肉や米、魚介類はもちろん、家電があるのが魅力!

【ふるなび】にはこんなメリットがあります

提携している自治体の数が日本一多いサイトです。

したがって選べる返礼品の数もダントツで多くなっています。
もしあなたが高額納税者であるなら、いっぱつ電化製品を返礼品でもらうのもあり!
10万円前後からありますよ。
もちろんそうでなくても特選肉やブランド米、特産品など5000円〜もあるので選り取り見取りです♪
まだイマイチふるさと納税の仕組みが分からないならこのサイトにある「マンガでわかる!ふるさと納税」を読んでみてください

⇒ ふるなびには「マンガでわかる!ふるさと納税」があります

 

ふるさと納税,仕組み,メリット,返礼品

【さとふる】の特徴と魅力

返礼品ランキングや好みに合わせた特集ページがあるので選びやすさナンバー1のサイトです。

鈴木奈々ちゃんのCMでも有名!

【さとふる】にはこんなメリットがあります

肉類やお米、地方の特産品など「お取り寄せ」が好きな方ならこのサイトを利用するのがおすすめ!

もし自分の欲しい返礼品の在庫がなくても、再入荷を知らせてくれるのも便利。
食べ物だけでなく、旅行チケットや雑貨もあって返礼品選びも楽しいですよ。
控除額シミュレーションもできます。

⇒ 控除額をシミュレーションしてみる

 

ふるさと納税,仕組み,メリット,返礼品

【楽天市場 ふるさと納税】 の特徴と魅力

いわずとしれた大手ショッピングサイトの楽天でも「ふるさと納税」ができます!

クレジットカードも使えるし、もちろん楽天ポイントも貯まります。

【楽天市場 ふるさと納税】 にはこんなメリットがあります

普通に楽天で買い物をするように「ふるさと納税」ができるので便利!

返礼品の人気ランキングや口コミレビューも参考にできるので、どれにしようか迷った時には決め手になります。
金額や評価の高い返礼品でも探せますよ!
楽天のサイトでは、手続きのやり方や控除シミュレーション、確定申告についても詳しく紹介されています。

⇒ 楽天でふるさと納税をする場合の手続き方法

ふるさと納税はやらない理由が見つかりません・・

納税は国民の義務!というように、日本で暮らすからには絶対に必要なこと。

 

でも、できるだけ節税したいとか、役に立つように使ってもらいたいとか、できれば払いたくないとか(笑)、
いろいろ思うところはありますよね!

 

この「ふるさと納税」ってそんな中でも国が推奨する節税対策なんじゃないかな?って思います。

 

自分が関わりを持った地方を元気にできるなら嬉しいし、それがまたブーメランのように自分のメリットとして返ってくるなんてこんな有り難いことはありません(^^♪

 

ふるさと納税をしても誰も損しないし、逆にやらないほうが損するなんて、国はもっとこの制度を広めるべきですよね!

 

こんなに納税が楽しくなるなんて、上限いっぱいまで買い物しまくります♪

 

返礼品も「モノ」だけじゃなくて、高級レストランで食事ができるという「グルメポイント」サイトもあったりします。

 


↑↑
各自治体が提携するレストランで、最高級食材を味わえるおもてなしをサービスしています!

 

ふるさと納税した金額の半額分を飲食のポイントで使えます。
翌年に、納税額が控除されるのはこの「グルメポイント」でも同じ。

 

つまりこれって、食事代3回分がお得になってしまうってことですよ〜♪